MENU

最初に設定しておくだけであとは自動的にレンジを追従してくれる

iサイクル注文は従来のFXの取引ツールと比べてリスク管理がとても簡単になっています。FXにおけるリスク管理はいかにして利益のチャンスを広げるかという部分と、万が一の時に備えて損失を最小限に抑えられるのか、を重視していく必要があります。

 

iサイクル注文は変動するレンジに合わせてIFDONE+OCO注文を自動的に繰り返し行ってくれます。例えば、相場が100円になったら買って100.2円になったら売る、と最初に設定しておくことであとは自動的に取引を進めてくれるというわけです。さらにiサイクル注文には自動的にレンジに合わせてくれるという機能も搭載されているため取引のチャンスが広がり、利益を細かく積み重ねられます。

 

これは利益のチャンスを広げるだけでなく、リスク管理にもつながります。というのも、従来のサイクル注文の場合だと相場がレンジから外れてしまうと利益を得るチャンスを逃してしまったり、逆に損失のリスクが高まってしまう可能性があります。しかし、自動的にレンジを追従するのでこれらのリスクを回避できます。

 

とはいえ、必ずしも最善の結果が出るとは限りません。iサイクル注文では「参考期間」を設定するのですが、その参考期間と似たような値動きをしている場合はチャンスが広がりますが、全く想定していなかったような動きを見せてしまった場合は損失が生まれる可能性があります。ですので「一度設定しておいたら後はほったらかし」にするのはリスク管理の面から行くとあまりおすすめできません。毎日常にチャートの前に張り付いていなくてはならないというわけではありませんが、こまめに設定の見直しを行った方がリスク管理という観点ではおすすめです。

 

従来のFXの手法と比べると随分とリスク管理が簡単になっているので初心者や、なかなか時間を取ることができない方におすすめです。

今すぐ公式ページへ


今すぐ公式ページへ

今すぐ公式ページへ