MENU

iサイクル注文とループイフダンは似ている内容が多いが比較ポイントはたくさんある

自動発注ツールとして2014年10月より外為オンラインからリリースされた「iサイクル注文」と、アイネットFXからリリースされている「ループイフダン」はどちらも非常によく似た性質を持った発注方法です。そのためどちらを選べば良いのか悩む人も多いでしょう。ここではiサイクル注文とループイフダンの比較ポイントを紹介していきます。

 

内容の比較

まず、iサイクル注文とループイフダンのそれぞれの内容を比較していきましょう。

 

iサイクル注文はあらかじめ値動きや売買の設定をしておくだけであとは自動的に発注を繰り返してくれるというものです。ループイフダンもまた一定値幅ごとに売買を繰り返してコツコツと利益を重ねていくことができます。

 

この点だけ見てみると全く同じ内容に感じられますが、両者の比較ポイントのひとつとしてiサイクル注文は相場の動きに追従してくれるという点が挙げられます。つまり、急な値動きを見せるような場面でも安心して対応してもらえるという強みがあります。ループイフダンもまた似たようにレンジの動きに強いのですが、レートが予想と反対に動き続けた場合ポジションが増え続けてしまうというデメリットもあるためリスク管理を徹底しておく必要があります。

 

どちらも初心者にとってやさしい内容となっているのですが、iサイクル注文の方がより分かりやすいといえそうです。

 

取引コストの比較

次にiサイクル注文とループイフダンの取引コストの比較を考えていきます。ループイフダンに必要な取引コストはスプレッドのみ。米ドル円の場合原則固定2銭となっており、システムトレードの中ではかなりの低コストにまとまっています。一方のiサイクル注文はスプレッドに加えて手数料として1ロットあたり片道0円〜200円が必要になります。

 

どちらも1000通貨から試すこともできるのでまずは少ない資金から実際に試してみることをおすすめします。

今すぐ公式ページへ


今すぐ公式ページへ

今すぐ公式ページへ